サッカー渋谷区民大会

第一試合 チーム不詳ブルーアンブロユニフォームの相手に歯が立たず、0-2で敗戦。長男は左サイドハーフで後半途中出場、一人でタテ突破の心意気はよかったが、身長が倍くらいあるディフェンス二人に挟みこまれて撃沈。一度吹っ飛ばされてフリーキックをもらったのが唯一の見せ場。
(クラブチームと判明)

J開幕

レイソルvsフロンターレ
スカパー観戦(アウェー)
 
後半開始早々にポポのクロスを飛び込んだ菅沼がヘッドで流し込み先制、しかしフロンターレの圧力に屈して祐三がブロックした中村憲吾のシュートがゴール前チョテセに渡り決められる。1−1の引き分け。
 
祐三は顔面を蹴られて鼻血流血しながらフルタイム出場。
栗澤は足を負傷して途中交代。
プレスの位置を昨年よりやや下げて、前線に残るフランサ経由のカウンターが効果的に見えた。
ただ、チュンソンや菅沼が守備でかなり下がってしまうため、攻守切り替えから前線に戻るのが大変そう。

高校の

同級生で軟式テニス部仲間だったJ&Jコンビと2年ぶりに飲んだ。
県内ではトップクラスのプレーヤーかつダントツのデブだったJIは、仕事はまあまあ順調だが、まもなく離婚&再婚するそうだ。
パワーオンリーテニスだったJUは、なんだかいいところに転職したようで、数年前に再婚した奥さんとも仲良くやってるらしい。
遠慮ない毒舌と傍若無人な振る舞いで恐れられていたJ&Jだが、さすがにちょっと丸くなっていた。
以前は会えば古傷というか、かなり真剣に傷つけあうようなキツい飲みだったが、今日は割と穏やかな話だった。
自分が、旧友の毒舌程度では傷つかないおっさんになったってことか。
まあ楽しかったよ。
なんだかひどい不景気だけど、みななんとかサーバイブしていて、ちょっとほっとした。

素敵じゃないか

hatao2009-02-27

「世の中には2種類の人間がいる。『ペットサウンズ』が好きな人間と好きじゃない人間だ」 〜村上春樹
 
「世の中には2種類の自分がいる。酒を飲んだときの自分と飲んでないときの自分だ」 〜自分

別に乱れるわけじゃない、覚えてないだけ。
てことは、乱れてるのかもね。

I hope we pass the audition.

たかが趣味のアマチュアコピーバンドでも、オーディションをするグループがある。
落ちたから言うわけではないが、あまり好きなやり方ではない。
自分が以前入っていたThe Yellow Monkeyコピーバンドでも、ギター募集に3人ほど応募をもらい、自分は嫌だったが他のメンバーの強い主張でオーディションみたいなのをやったことがある。
結果は、誰にするかメンバーの意見が合わず分裂し、そのままバンド解散。
そんなもんだ。
先着順でいいんだよ、たかがコピーバンド、運なんて天に任せれば。
 
落ちたから言うわけじゃない。
たぶん犬の毛だらけフリースを着ていったのが悪かったんだ、うんうん。